早漏の薬

早漏にいい薬を探してみたこともあったっけ・・

どうしても治したかったんです。。。

 

「早漏」っていうだけでほんとにコンプレックスで、男女関係がまったくうまくいっていなかったから。彼女は「気にしてないよ」っていってたけど、やっぱ気遣ってくれてるのってわかるし嬉しかったけど、だからこそっていう部分もあったよね。

 

だから早漏にいい薬があるんならそれも使うのもやぶさかではないと思って探したんだよ(笑)あやしいのいっぱいあったよ。リップスティックみたいな塗り薬的なやつとか。説明書も書いてないしね、こんなのほんとに効くのか?って思いながら使ったけど、やっぱり効かねーし・・・orz

 

早漏の薬の塗る量とかじゃなくてもう最初から気休めのようなスティックだったんだろうなって、まぁ1000円ぐらいだったから別にいいけど・・みなさんもこういうインチキ商法には騙されないようにね。

 

で、途方にくれて次に見つけたのが「ラナケイン」だよ。 ラナケインてかゆみを抑える塗り薬のことで、別に「早漏の薬」っていうことをうたってる商品ではないわけ。「ラナケインムズメン」ってのがいいんだけど、近所の薬局には売ってなくてさ(笑)

 

しかたなくノーマル版の「ラナケイン」を買って帰ったんだけど、コレがめちゃくちゃ効いた(笑)\(^o^)/ びっくりするぐらい効いたよ。陰茎や亀頭に塗布してから10分ぐらいすると亀頭の感覚がなくなってくるから、ピストンしても全然イかないんだよ。

 

しかも気持ちよさはまだ感覚として残ってるから、コレ最強やん!って。。。思ったんだけどね〜逆にこんどは「痛み」が・・・orz 痛くなければこれも使い続けてよかったんだけど自分の皮膚にはあわなかったみたいで、陰茎の裏側とかが真っ赤になっちゃってヤバいと思ったからやめたわけ。

 

もし陰茎の皮膚が強い人なら生涯ラナケインでもいいんじゃないかなって思った。

 

その後出会ったのが本当の早漏の薬「FR法」だったんだけどね^^
<<トップページに戻ってFR法について確認