イクのを我慢する方法

イクのを我慢する方法のことを書いてみたいと思います

ココに書いてあるのは「FR法」に書かれている早漏対策とは全く異なりますが、管理人が試して多少は使えるかなと思ったイクのを我慢する方法です。

 

挿入&ピストン時は、亀頭の裏側に刺激を与えない

亀頭の裏筋部分って一番敏感ですよね。ここを擦られると気持よくなって射精してしまうので、この部分を擦らないようにピストンするよう心がけます。具体的には膣壁の上部分にむかってピストンをすることで亀頭裏筋の刺激を減らす作戦です。

 

射精感がきたら休憩する

イきそうになったら休むってことです。休んでる間は射精しませんからね、たとえば挿入停止状態で何かやって回復を待ちましょう。会話を楽しむでもいいし、普通に「ごめんね、休憩ね」でもいいんですよ。

 

イクのを我慢する方法とはいっても、結局早漏の人間は我慢できないんすよ(TT) 刺激を与えてしまったら射精してしまうので刺激を減らす努力をすることで我慢するしかないんです。

 

対面座位での挿入

イクのを我慢する方法というよりは、最初からピストンしない体制にするのもひとつです。対面座位でピストンなんて難しいですからね。女性側は感じることはできないでしょうけど、男性側も摩擦が無いから射精しません。ここではトークと愛撫にに力を入れて回復をまちましょう。

 

 

よく早漏対策として「イクのを我慢する方法」が提唱されています。オナニーでもセックスでもイキそうになったら停止して、また開始、停止、を繰り返すことで慣れさせる訓練のことです。多少の効果はありますが、これで完全に克服できた、ということはありませんでした。

 

 

真の早漏対策、FR法の極意は↓
<<トップページに戻ってFR法について確認